最新の記事
アーカイブス
リンク
プロフィール
その他

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

よしかず日記 岩手県奥州市の市議会議員 菅原よしかずのブログです。
<< 出会い創出事業「BBQ Party」を開催しました | main | 奥州市議会9月定例会が閉会しました >>
ILC建設候補地の現地調査を実施
奥州市議会ILC誘致及び国際科学技術研究圏域調査特別委員会において、加速器トンネル建設候補地の現地調査を行いました。
建設地は、まだ正式に決定されたものではありませんが、今後の誘致に向けた取り組み、あるいは将来のまちづくりのあり方を探るために実施をしたものです。
奥州市議会としての現地調査は昨年の6月にも実施をしましたが、今年3月に議員が改選したことから改めての実施となりました。

はじめに、衝突点と言われる一関市大東町早麻山付近に行き、そこからなるべく加速器トンネルのルートに沿うように北上し、5kmごとに1ヶ所作られる予定であるアクセストンネル予定地にも立ち寄りながら、江刺区伊手阿原山周辺、最後に江刺区米里周辺の加速器トンネル北端付近までを調査しました。
私自身2回目の現地調査でしたが、この間、数々の講演会や当局からの状況説明などを受けて、ある程度の情報や知識を持った中での現地調査でしたので、前回よりもよりイメージを膨らませることが出来たのではないかと思います。

現在、ILCに関する動きは、大変巨額な経費も掛かることから、日本で実施する意義や経費などについて、文部科学省が設置したILCに関する有識者会議において検討が行われていて、平成27年度末までに取りまとめ予定というようなスケジュールで進められているようであります。
当市でも市民への周知や理解活動などが行われていますが、今後は、まちづくりや外国人の受入体制の整備に向けた検討も急いでいかなければならないと考えます。議会としてもILC特別委員会において、誘致に向けた活動のあり方や将来のまちづくりについての調査・検討をしっかりとしてまいりたいと思います。