最新の記事
アーカイブス
リンク
プロフィール
その他

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

よしかず日記 岩手県奥州市の市議会議員 菅原よしかずのブログです。
<< 奥州市議会平成26年第3回定例会が開会しました | main | 東北ブロックPTA研究大会 >>
奥州市総合防災訓練
9月1日の防災の日に併せて、今年も奥州市総合防災訓練が行われました。
第1訓練会場の奥州市役所本庁では、本部設置・運営、通信情報連絡、物資要請・配分・搬送訓練ほか、第2訓練会場は水沢区内各地区センターで、初期消火、安否確認、避難誘導、避難所開設・受入訓練をはじめ、水沢南地区センターでは、応急給水訓練、応急炊き出し訓練、第3会場は水沢公園陸上競技場で、消防団による部隊訓練、機械器具点検、中継送水訓練、分列行進などが行われました。

私は、水沢公園での消防団訓練、そして会場地でもある地元の水沢南地区センターの訓練状況を視察させていただきました。消防団、そして地域住民の皆さんも本番さながらに真剣に臨まれており、大変緊張感あるきびきびとした訓練でありました。

東日本大震災という未曾有の大災害をはじめ、集中豪雨や土砂災害、突風、大雪などによる自然災害が全国各地で多発しており、いつ・どこで・どんな災害が発生するのか予測が難しい状況です。
よく防災は、「自助」、「共助」、「公助」と言われます。「公助」として、防災対策や啓発、そして有事における情報発信、避難誘導や救助など行政の役割も大変に重要ですが、やはり基本は、一人一人が自分の身を守る「自助」が一番重要ではないでしょうか。

この位は大丈夫だろう、ここは大丈夫、避難指示がないから心配ないといった過信をすることなく、自身が危機感をもち行動することが最も重要ではないかと思います。そのためにも、防災の日や防災訓練を通じて防災に対する意識を高めること、そして家庭内での対策や家族との話し合いなど、日頃からの備えをしっかりとしておきたいものです。