最新の記事
アーカイブス
リンク
プロフィール
その他

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

よしかず日記 岩手県奥州市の市議会議員 菅原よしかずのブログです。
<< 会派で行政視察を実施しました | main | ILC調査特別委員会を開催 >>
議会全員協議会
当局からの報告事項が1件、説明事項が2件ありました。

報告事項として、胆沢堆肥化施設の火災に関する報告がありました。
8月14日(木)朝5時過ぎに出火した、胆沢区の地力センターでの火災原因は、発酵不良となった堆肥の発酵熱の蓄積による自然発火と考えられるとのことでした。

説明事項
1.第2次奥州市行財政改革大綱実施計画の平成25年度取組結果について
平成25年度の効果額は、計画額16億2,053万円に対して、実績額15億8,098万円となり、計画比3,955万円不足、達成率97.6%でした。計画を下回った主な項目は、「物件費の削減」が8,689万円、「市単独事業による扶助費の見直し」は実施できず6,350万円下回りました。一方で計画を上回った項目は、「市税の収納率向上対策」で計画を8,761万円、「職員の削減」で計画を3,505万円上回ったとのことです。
今後、事務事業・公の施設の見直しを含めて行財政改革を着実に実行し、成果を上げていかなければならないとのことであります。

2.子ども・子育て支援新制度における施設、事業等の設備、運営等に関する基準を定める条例(案)について
平成24年8月に交付された「子ども・子育て支援法」及び「子ども・子育て支援法及び就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整備に関する法律」第6条における児童福祉法の改正によって、幼稚園、保育所等の子どもに関する施設や小規模保育、放課後児童健全育成事業の整備・運営等の基準については、国が定める基準をふまえて、市町村が条例で定めることとされていることから、奥州市の実情に応じた基準を定めるということです。この条例案は、今後9月定例会に提案される予定です。
市が定める基準(条例)案
(1) 奥州市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例
(2) 奥州市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例
(3) 奥州市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例