最新の記事
アーカイブス
リンク
プロフィール
その他

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

よしかず日記 岩手県奥州市の市議会議員 菅原よしかずのブログです。
<< 水沢南自治振興会第36回定期総会 | main | 第39回水沢南小学校区子ども会対抗球技大会 >>
日本宇宙少年団水沢Z分団総会及び開講式
日本宇宙少年団水沢Z分団の総会及び開講式が、奥州宇宙遊学館で行われました。
私は、水沢南小学校区子ども会育成会長として、水沢Z分団の監事を仰せつかっていることから、毎年総会へ参加をさせていただいております。以前には、実は私の息子も入団していたことがあり、数年活動をともにしたことがありました。

日本宇宙少年団は、次世代を担う子どもたちを対象にした、宇宙および科学に関する教育実践活動や国際交流を実施している団体で、現在、全国に1地方本部、7支部、125の分団が組織され、約3,000人の団員、約800人のボランティアリーダーとともに活発な活動が行われており、地域における科学技術の普及啓発にかかる中核組織としての役割を果たしております。その分団の一つが水沢Z分団で、平成5年7月に設立され、昨年結成20周年を迎え記念事業が行われました。

今年は、保育園の年長から高校1年生までの男女63名が入団し、昨年よりも多い団員数のようであります。また、奥州市内のみならず、県内では釜石市や一関市、宮城県南三陸町からも参加している子どもたちもいました。今後、月に1〜2回、自然観察や天体観察、水ロケットづくりなど11回の定例活動を行う予定になっています。

奥州市には、国立天文台VLBI水沢観測所や奥州宇宙遊学館といった素晴らしい施設があり、大変に恵まれた環境にあります。また、北上山地がILCの国内候補地に決定し、市内の小中学校や高校でも講演会等が開催されており、多くの子どもたちが興味を示しているようであります。Z分団の活動をはじめ、国立天文台や宇宙遊学館を広く内外に発信をして、子どもたちや多くの市民の皆さんの気運がさらに盛り上がり、「サイエンスのまち」として発展していくことを期待しています。