最新の記事
アーカイブス
リンク
プロフィール
その他

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

よしかず日記 岩手県奥州市の市議会議員 菅原よしかずのブログです。
<< 電波に乗せて!奥州市議会 第27回放送「岩手県競馬組合議会」を収録 | main | 衣川総合支所新庁舎が開庁 >>
あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。今年は大変おだやかな年明けとなり、皆様方におかれましてはご家族の皆様と大変清々しい新年をお迎えになられたこととお慶びを申し上げます。

また、旧年中は多くの皆様方に公私に渡りまして大変にお世話になり誠にありがとうございました。この場をお借り致しまして感謝と御礼を申し上げます。今年もどうぞ宜しくお願いを申し上げます。

 

昨年は、奥州市誕生から丸11年が経過ということで、10年を計画期間としている「奥州市総合計画」が新たに策定され、次の10年間に向けたスタートの年でしたが、様々な問題や課題も多々あり私自身にとっても大変慌ただしい一年だったなあと振り返っております。

 

そうした中、昨年は5月に記念すべき第1回目となる「奥州きらめきマラソン」が開催され、国内外から約4000人のランナーの皆さんの参加があり、8月には胆沢ダム直下のカヌー競技場において、日本を代表する選手が参加しての「カヌースラロームのジャパンカップ」が開催される等、国内外に奥州市の名をアピールすることが出来た年だったと思います。これは、一昨年の岩手国体の成果、レガシーといったものがしっかりと引き継がれたもので、今後の地域の活性化に繋がっていくことを大いに期待をしています。

 

また、昨年末には、我が奥州市出身の大谷翔平選手がアメリカ大リーグに挑戦することになりました。私の息子と同級生で、同じ水沢南中学校の野球部に所属をしていたということもあり、私も大変親近感を持って応援をしてきたところです。今では日本の宝、世界の宝という大変大きな存在になってしまいましたが、地元奥州市の宝としても誇りに思いながら、新天地での活躍を期待して引き続き応援をしていきたいと思っています。

 

そして、もう一つ、今年大いに期待されるのがILCの誘致実現です。研究者の間では、ここ北上高地を建設候補地の最有力地としていますが、1兆円を超える巨額の経費がネックとなってきました。この程、建設費を大幅に抑制する当初計画を変更する案が出され、これを受けて国では再度検討を行うこととしています。最終的な結論が今年の8月くらい迄には出されるのではないかと言われているところで、今年は非常に重要な局面を迎えます。我々としても関係機関としっかりと連携をしながら、出来る活動についてなお一層力を入れていかなければならないと思っています。

 

昨年は酉年で商売繁盛、収穫の年ということでした。戌年の今年は収穫後の草木が枯れ休眠をする年だそうですが、決して縁起の悪い年と言うことではなく草木が新しい芽や命を育む縁起の良い年で、新しい命を守り次に繋げていく準備の年だということです。

 

そういった意味では、今年はILCの誘致実現もそうですが、この他、今年3月末日をもって奥州市誕生からこれまで12年間設置をしてきた地域自治区が廃止されることになっていますし、4月からは、新たに5地区が加わり市内の30地区センター全てにおいて指定管理者制度が導入されることになっており、オール奥州による新たなまちづくりをしていくスタートの年となります。

 

そのオール奥州元年に併せ、奥州市民の皆様が結束と連帯感を更に深め、まさに市民が主体となったまちづくりを積極的に進めて頂き、奥州市が益々活気づいていきますことをご期待申し上げたい思います。

本年が皆様にとって幸多き一年となりますことをお祈りいたします。