最新の記事
アーカイブス
リンク
プロフィール
その他

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

よしかず日記 岩手県奥州市の市議会議員 菅原よしかずのブログです。
<< 市民と議員の懇談会を開催 | main | 親子わくわく教室を開催 >>
みなみっこ防災体験学習

みなみっこ防災体験学習は、水沢南地区の「防犯みなみ母の会」が主催で、その他に「防犯協会」「防災委員会」「自治振興会」「地区センター」そして「水沢南小学校区子ども会育成連合会」が協力団体となって毎年開催されています。

 

近年、地震や大雨をはじめ、竜巻や火山噴火等の災害が全国各地で多発しており、各地に大きな被害をもたらしています。こうした中で、いざ災害が起きたときにどうすればいいのか、あるいは、いつ起きるか分からない災害のために普段から何を準備してけばいいのか等、災害に対する意識を高めてもらうことを目的としています。

 

今年は水沢南小学校の6年生から3年生までの17名の児童が参加し、水沢消防署の施設の見学をはじめ、はしご車搭乗、煙体験、ロープ結束等の救助体験、救急隊員体験、消化器の取扱い訓練、放水訓練等を体験しました。

 

私は協力団体である水沢南小学校区子ども会育成連合会を代表して挨拶をさせて頂き、「自助」「共助」「公助」について、特にも「自助」の自分の身は自分で守るということが大事だということと、今日体験したことを家に帰ってから家族の皆さんにも話しをして、災害時にどうすればいいのかを家族で一緒に考えて欲しいということをお話させて頂きました。

 

今、いつ、どこで、どのような災害が起こるか全く予想ができません。ここは大丈夫だ、自分は大丈夫だということではなく、自分の身近でも災害は起きるかもしれないという意識を常に持っていたいと思いますし、その備えをしっかりとしておかなければならないと改めて考える機会となりました。